2017年04月11日

小幡は今、桜が満開! 2017年4月10日

久しぶりのロードバイク。
道中あちこちの桜を見ながら甘楽町の小幡へ行ってきた。

170410obata_006b.jpg
まず、烏川柳瀬橋下流左岸の堤防の桜。
通称「桜土手」の桜。

170410obata_010b.jpg
小幡に着いてみると、期待していた以上の、「今が満開」。

170410obata_013b.jpg

170410obata_012b.jpg

170410obata_018b.jpg

170410obata_022b.jpg
改修された漆喰壁やナマコ壁の養蚕農家や商家、旅籠の古い建物が残っていて良い雰囲気を醸し出している。

170410obata_033b.jpg

170410obata_038t.jpg

170410obata_048t.jpg

帰りも「桜土手」を通ったが日が傾いてしまい花の色もくすんでしまっていた。
170410obata_050b.jpg


一昨年バドミントンで痛めた右膝の調子も良く、日常生活での膝の曲げ伸ばしなら痛みもほぼなくなった。
そこで、久しぶりに自転車を漕いでみたのだが、帰路の後半はバテバテだった。おまけに少し膝の痛みも出た。
4月のクラブの練習開始からをバドミントンを再開しようと思っていたのだが大丈夫か?


posted by washiro at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

吉岡町緑地運動公園往復 2016.2.4 〜久しぶりの更新〜

160211yoshioka_003b.jpg風がなく穏やかなので、バドミントンで痛めた右膝がまだ万全ではなくやや不安があるのだが漕ぎ出した。
グリーンドームの対岸まで来ると子持山と小野子山の間に谷川連峰がきれいに見えていた。

ここまで来る前、前橋の中心市街地の南にある前橋育英高校の少し南に雷電神社という神社があり、その東側でサイクリング・ロードが長い間途切れていて、短い距離なのだが、少しきつい坂を登り住宅地の中を走らなければならなかった。
今回行ってみるとその箇所が通れるようになっていた。


特に目的もなく漕ぎ出したので、その開通した箇所の様子を紹介してみます。


160211yoshioka_001b.jpg以前は、この先に竹藪が立ち塞がりサイクリング・ロードが途切れており、ここで左折し坂を登り住宅地を走らされていた。

散歩をしていたご近所の方に伺ったところ、昨年の11月の下旬ころから通れるようになったとのこと。

160211yoshioka_017b.jpg同じ場所を北側から見る。

160211yoshioka_016b.jpg同じく北側から、右側(西側)の高台の上が雷電神社。

160211yoshioka_015b.jpg高台の上の雷電神社。

160211yoshioka_014b.jpg以前は左側(西側)の住宅地を走り、画面でサイクリング・ロードの左側に見えるフェンスがちょうど画面の真ん中程で途切れている箇所にあるオレンジのポールのところからサイクリング・ロードに戻っていた。

160211yoshioka_012b.jpg左側(東側)はスッパリと切れ落た利根川の崖である。


この箇所が通行可能になったことで利根川自転車道の県内部分は一般道を迂回する箇所がなくなったと思われる。

しかし、迂回箇所の解消に10年以上掛かったことになるのか。

そういえば、10年近く前に、前橋市内大渡橋西詰めの信号から総社町植野の「せせらぎの湯」の上までの最短の迂回路を見つけてこのブログで紹介したことがあったなぁ。

160211yoshioka_011b.jpg紅梅?桃?

160211yoshioka_006b.jpg白い花もあったから紅梅白梅??

160211yoshioka_005b.jpg赤城山


やはり、走り出しから右膝にやや違和感があった。
しばらく走るとそれほど気にはならなくなる程度だったのだが、家に戻ると少し痛みが出た。

ウォーキングならばほぼ気にならないくらいには回復しているのだが、完全な回復にはもう少し掛かりそうだ。




ブログの更新も間が開いたり滞ったりしてしまったが、その間介護や看病をしていた母も前回のブログ記事からほぼ1年後に他界した。

母の介護や看病の合間にも時々は気晴らしに自転車にも乗ってはいたのだがブログの更新まではできなかった。

母がまだ少し元気があったころは、時々、花や紅葉を見に行ったり散歩に出かけたりしていた。これから、そんな場所にも自転車で行ってみようと思う。


posted by washiro at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

少林山達磨寺の紅葉 2013.11.28

131128kannonyama 003b.jpg
久しぶりの更新になる。

時間が取れたので、ロードバイクを乗り出した。
この辺りの紅葉ももう終わりかな、とも思いながら高崎の少林山へ行ってきた。

外へ出てみると思いのほか強風が吹いている。それも向かい風。
久しぶりなので強風に逆らって無理などできるはずもなく、よく見えている赤城や榛名を眺めながらゆっくりと漕ぐ。


黄檗宗少林山達磨寺は、高崎市中心市街地の西を流れる烏川の西に広がる観音山丘陵の北辺の斜面にある。

ほぼ南北に連なる観音山丘陵の北側には碓氷川が流れていて、その右岸に沿って県道49号線が通っている。観音山丘陵は、その県道の南側から一気に高度を増す。(と言っても、大した標高差があるわけではないのだが)

したがって、総門をくぐり達磨寺の本堂(霊符堂)等が建っている一角まで登る石段は急勾配である。

今回は自転車なので、石段の西側から、伽藍の背後にある大駐車場へ続く道を上がることにする。
少し登るとすぐに、立ちゴケしやしないかと心配になるほどの急勾配になる。

やっとのことで瑞雲閣横の駐車場にたどりつく。

131128kannonyama 006b.jpg
大分散り始めているが、まだ楽しめる。


131128kannonyama 009b.jpg

せっかくここまで来たのだからやはり、鼻高の方まで行ってみることにする。

少林山達磨寺の裏手の駐車場の西側から鼻高展望花の丘までは、クルマで来た時にはいつも大きく西へ迂回して長坂牧場の脇から行くのだが、今日は少林山達磨寺の裏手から「鼻高展望花の丘」という小さな案内標識に従って登ってみる。

131128kannonyama 012b.jpg
ところがこの道が、狭くほとんど直登。一部前輪が浮きそうになるほどの勾配。

なんども休憩し、やっとのことで林を抜け開けた場所に出るとすぐ上が「鼻高展望花の丘」だった。振り返って今登ってきた道の入り口を見ると、以前少林山達磨寺へ下れるかなと思いながらも細くて暗いので下るのを躊躇したことがあった道だった。

だが、「鼻高展望花の丘」から少林山達磨寺へはこの道が最短距離だろう。ただ、道幅が狭いので、クルマは、特に下りでは、すりかえ時には注意が必要だ。


また、ここまでくればやはりというか、ここである。
131128kannonyama 017b.jpg
寒くなってきていて長坂牧場の売店でジェラートも食べられないかと思っていたのだが、汗をかいたので今日は試しに初めてここのソフトクリームを食べてみた。

残念ながら写真を撮り忘れてしまったが、濃厚な味で美味しかった。


今回は、久しぶりの自転車であったこと、カメラを持たずスマホでの撮影だったため撮影枚数も少なかった。
やはりスマホだとシャッターを押すまでがやや手間がかかり、つい撮影しそびれてしまう。



少林山達磨寺では、毎年正月6日から7日にかけて「だるま市」が開かれている。
また、一角にはドイツ人建築家ブルーノ・タウトが2年間住んだという「洗心亭」がある。



今日の自転車走行距離:42.85km
posted by washiro at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

やっぱり 体力が戻っていない 2013.5.26

130526jyobu 001b.jpg
少し風があるが、梅雨入りも近そうなので天気の良い今のうちに走っておこうと思い、久しぶりにロードバイクでポタリングに出掛けた。

もう少し湿度が低く新緑が鮮やかなうちに山の方にでも走りに行きたがったが、とにかく体力が・・・


利根川右岸CRを下り上武大橋を経て、広瀬川を遡り戻ってくる、いつものコースなのだが、上武大橋までは、弱いながら向かい風になる。
体力が落ちている身にはこの弱い向かい風がつらい。こんな時に周囲の山々が見えていれば気もまぎれるのだが、今日は雲が多く見えない。

ロードバイクのシートの座りも脚の回し方も忘れかけているので、息が切れてしまわないように呼吸を意識しながらゆっくりと漕いでみる。

だいたい、脚が80回転/分(約)以上には回らなくなっている。
それ以上の回転数でちょっと長い時間漕いでしまうと脚が攣る前兆が表れる。

上武大橋を渡り、利根川上流に向かうようになると向かい風が気にならなくなるのだが、その頃には脚が回わらなくなっている。

そんな状態で、伊勢崎市内の自販機のある所で腰を下ろしたら、しばらく立つのが嫌になってしまう始末。

帰宅すると、全身がぐったりと疲れている。


今後、なんとかロードバイクで走る頻度を上げ、まず体力の回復を図らなければ。

posted by washiro at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

ロードバイク再開

先月27日、ほぼ半年ぶりにロードバイクに乗った。
いつもの、利根川右岸CRを上武大橋経由のコース。

最近、バドミントンの練習に参加しても体力の衰えを感じるので、途中でショートカットかなと思ってスタートしたが、ゆっくり走りなんとか完走することができた。

ここのところバドミントンの練習には行けているのだが、一度落ちてしまった体力はなかなか元には戻らない。町の健診でも指摘されて気になっているお腹周りもなかなか細くなってくれない。

お腹周りを絞って、また少し長い距離を走ってみたい。



今日の自転車走行距離:51.92km


posted by washiro at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

平成24年初日の出ツーリング

元日は、いつものように自転車で「初日の出ツーリング」

利根川CRに出てみると東の地平線近くにはやや厚い雲がかかっている。
あまりキレイな初日の出は期待できそうにない。
でも、とにかく目的地の島村休憩所を目指す。


案の定、日の出時刻になっても地平線の雲に邪魔され太陽は姿をみせない。

120101hatsuhinode0002b.jpg

7時を少し回って厚い雲の間から初日が漸く顔を覗かせた。


ここ数年ずっとキレイな初日の出を見ることができていたが、初めてやや残念な初日の出になってしまった。


例年のように実業団駅伝のスタートを見るために県庁に向かうが、日の出の直後が一番寒いと言われているのに加えて今日はなかなか陽が差してこないために猛烈に寒い。
手の指足の指が痛い。

伊勢崎市内に入り休憩し、身体に貼ったカイロでとにかく手の指を暖める。
血の巡りが良くなったかその後はやや楽になる。

120101hatsuhinode0008b.jpg

駒形に差し掛かった辺りで漸く陽が差してきた。
身体も温かくなる。

しばらく自転車に乗ってなかったのでスピードは上がらない。
県道前橋大間々桐生線に出ても、久しぶりに車道を走るので恐い。


9時少し前に県庁前に着く。

県庁の玄関前で応援に見えていたM衆議院議員と出くわした。
寒いのか人目を避けたいのかやや身を竦めるように顔も俯き加減にして足早にスタート位置の方に過ぎ去って行ったがすぐにMさんだと判った。
ほんの瞬間しかお顔を拝見できなかったが、写真で見るよりもずっと美人でそこだけ輝いているようだった。威張った風も全くなかった。

120101hatsuhinode0010b.jpg


スタートを見た後家の方に戻り、毎年、家の近くで3区を走る選手を応援していたのだが、今年は少し疲れたので家に直行し朝湯に浸かった。




今日の自転車走行距離:57.15km

posted by washiro at 08:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

120101hatsuhinode0006b.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

ラベル:元旦
posted by washiro at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

デジカメ新調

111225nikon_p7100 001b.jpg

デジカメを買い換えた。
Nikon P7100。

今まで辛抱強く使ってきたソニーDSC-W30が不調。

一眼のフィルムカメラ(今は全く使わなくなってしまった)がずっとNikonだったので、今回デジカメもNikonにした。

まだ、一枚も写していないのでどんな写真になるか分からない。

ただ、自転車に乗る時に携帯するのは大変そう。
大きさは今までのソニーのざっと倍か。
それにコンデジにしてはやや重い。しかし、この重さと大きさのお陰でカメラを構える時にはかえって手にしっくりきて安定する。

これから、SDカードを買いに行ってくる。

posted by washiro at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

脚慣らし

111114green_dome_b.jpg

前に走ったのが何時だったか忘れてしまうくらい自転車に乗っていない。

結果は来週になるが、半年に1回の血液検査の採血も終わったことだし、と思い漕いで見る。
夕方だったので風が出るかと思い前橋方面へ向かう。

最近バドミントンの練習には行くことができている。ゲーム中に体力低下を思い知らされてばかりだが、以前より多少動けるようになっているか・・・。

そんなことで、自転車も少し良い感じで漕げているように思う。


サイクリングロードも落ち葉を敷き詰めたようになっているところが方々にある。
間隔が開いてしまうから走る度に季節が大きく変わってしまう。

今年も紅葉を見に行くこともなく時期が過ぎてしまう。


家を出るときに風が出るのではと心配したが、帰りに予想外の雨に降られてしまった。
ぽつりぽつり程度で本降りにはならなかったのだが、今は、雨というとどうしても東電福島第一原発事故由来の放射能汚染が頭を過ぎる。
雨が降っている間、暗くなってライト点灯走行にもかかわらず、自然ほぼ全速力(主観)走行になってしまった。



もう我々の年齢になったら放射線の影響など考える必要はないとのことだが、やはり自然界に元々存在しどうしても避けることができない放射線以外は無いに越したことはないに違いない。
それに放射線感受性というのは年齢差だけではなく個人差も大きいとのことなので、だれでも注意するに越したことはないだろう。

放射線は元々自然界にも存在し地球上の生物は多かれ少なかれそれを浴びているのだから、原発事故で飛散した微量(決して微量とは思わないが)の放射性物質など問題にならない、という理屈はちょっとおかしいと思う。
微量の自然界のものと微量の原発事故由来のものとを加算したものが、生物にとって全く影響が出ない微量な量にどこまで留まるのかどうか解からないではないか。(「放射線被曝のリスクは低線量にいたるまで直線的に存在し続け閾値はない」 BEIR-Z 2005年 という研究もある)
現在地球上の生物は、自然界に元々存在しているものの他、原水爆実験由来のものや最近の戦争で使われた武器等によるもの、原発事故由来のもの等人工のものも全て合算したものを浴びていることになるのではないのか。その上、われわれは医療によっても放射線を浴びている。

であれば、やっぱり自然界に元々存在していてどうしても避けられないもの以外の放射線(放射性物質)は、できるものなら全てブロックしてそういうものを浴びたり曝されたりしたくないものだ。

医療の面で、現在診断や治療に使われている放射線も、できれば別の方法が開発されることを望みたい。



まぁ、自転車はこれを契機に、これから冬の間LSDを充分にやって来年の春に備えたい。




今日の自転車走行距離:40.69km

posted by washiro at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

町バドミントン協会秋季バドミントン大会

111023aki 002b.jpg

23日、町社会体育館において町バドミントン協会主催秋季バドミントン大会が開催された。


大会は、男子ダブルス2、女子ダブルス2、ミックスダブルス1を1チームとする団体戦のリーグ戦の形式で行われた。
チーム編成は受付時くじ引きで行い、各クラブのメンバーがバラバラになり一つのチームを作った。普段別々に活動する者同士が今日は同じチームのメンバーということでペアを組みまた自チームの他のペアの応援をしていた。

今回は、いつも参加頂いている隣町のクラブと地元女子大のバドミントン部の学生さんに参加して頂いた。

各クラブ間の親睦を深めるには良い試合形式ではないかと思う。

posted by washiro at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バドミントン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする