2010年08月29日

9月になるというのに連日の猛暑

日が西に傾き始めといってもそれほど涼しくはならないのだが、漕ぎ始める。


足指のケガは完治といってもいいのだが、体力の方が落ちてしまった。
金曜日に、7月初めの祭の準備からずっと休んでいたバドミントンの練習に顔を出し数ゲームやったのだがバテバテ。

バドミントンのゲームのように瞬発的な動きの繰り返しが長く続く時の持久力は当然落ちてしまっているのだが、自転車やジョギングの時のような持久力も落ちてしまっている。


日陰のない利根川下流は避け、ゆっくりと前橋方面へ向かう。

長引く猛暑だが、さくらなどは葉を落とし始めている。

100829yoshioka_b.jpg

まだ湿度の高い夏の空気だが、辺りには確実に秋の気配が感じられる。

「せせらぎの湯」の先から吉岡町の風力発電のローターの少し手前まで続く竹薮に囲まれ「天然のクーラー」のようになっている場所は、涼しく空気も酸素濃度が上がったようで気持ちが良い。
自転車を降り、しばらく空気を味わう。
中間に休憩所があるといいな。



9月になってもしばらくはこの暑さが残るとのことだが、幸い良い天気が続くようなので、自転車に乗る回数を増やし、近くの低山の坂も取り入れて体力回復を図ろう。





今日の自転車走行距離:40.77km

posted by washiro at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ちょっと隣町でカキ氷

8月も「処暑」ということだが、まだまだ猛暑が続きそう。
今日も暑い。
自転車も日中に長距離走ったり山登りはしたくない。

暑いのだけれど、丁度都合がよいので、先月の祭でケガをした足の親指の調子をみながら、ちょっと隣町までカキ氷を食べに行くことにする。

100823kakigoori 002b.jpg

ちょいとそこまでなので、ラフな格好で漕ぎ出す。
自転車のビンディングシューズの底が固いせいか、ペダルを踏む時に力が足裏全体に分散されるようで足の親指の先には力が掛からず痛みはない。

しかし、運動不足のせいで息切れがする。
とにかく、自転車を漕ぐのに足の親指のケガの部分はほとんど影響がないことが分かりよかった。
自転車は再開できる。

ただ、この暑さで靴の中の温度が上がるのか、自転車を降りると親指の先が少し痛くなる。
漕いでいる方が楽だ。


カキ氷は、「宇治抹茶あずきミルク」というのを食べた。


カキ氷を食べ少しの間涼しくなったかと思っても、炎天下を走り出すとすぐに元の木阿弥。


帰りには、いくらか涼しいかと思い烏川CRの方に回ってみたが、涼しい川風など吹いてなく期待はずれ。
乾いたサウナの中のような空気を呼吸しながら帰ってきた。



今日の自転車走行距離:32.44km

posted by washiro at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

町内の八坂祭(祇園祭)で足の親指の爪を剥いでしまった

先月の中旬までは梅雨で自転車に乗れず、そのうち町内の祭囃子の練習が始まり、梅雨が明けたかと思えばその他の準備も始まり、先月24日25日の祭本番とその間際はほとんどそちらに掛かりきりだった。

100725yasakamatsuri 004b.jpg

100725yasakamatsuri 025b.jpg

10年ほど祭のお囃子で笛(正確な調子は分からないが、一本調子くらいか?かなり長い。祭囃子には珍しく笛の長さが長くキーが低いらしい)を吹いている。

100725yasakamatsuri 016b.jpg

わが町内のお囃子は、関東地方の北は沼田市から東は埼玉県熊谷市くらいまで広く行われている「さんてこ系」といわれるものだ。

しかし、さんてこ(三太鼓→サンテーコ)にもかかわらず小太鼓は4つである。しかも叩き手は大太鼓や鉦も含め立ったまま叩く。これもかなり珍しいようだ。



祭二日目の夜、あと30分ほどで祭も終わるという時、休憩しようと思い屋台から降りようとして1メートルほどの高さのところから道路に飛び降りた際に歩道の縁石の角に着地してしまい、左足親指の爪の先端から3分の1くらいの部分を剥がしてしまった。


今は痛みはないのだが、まだ靴が履けない。


猛暑が続いているが、天気が安定しているうちにキレイに山が見える場所へ行き自転車で走ってみたいと思っているのだが、まだ果たせないでいる。

夏が終わってしまう。

posted by washiro at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする