2010年09月27日

地区体育祭

昨日は地区の体育祭が行われ競技役員として参加した。

100926kumin_taiikusai 005b.jpg

自転車に乗れないと、爽やかな本当に雲一つない快晴になる。
赤城山も緑鮮やかに見えていた。


全競技、事故もなく無事に終わったのだが、前代未聞の事態(珍事というべきか)が発生した。
町内対抗得点競技の総合得点を集計したところ、昨年優勝したチームと我町内チームの総合得点が同点。その上、両チームの1位の数、2位の数、3位の数、4位の数まで全く同じ。
こんなことが起こるなんて・・・。

ところが、悪いことに、1位の数を数え間違っていたことに気づかずに、閉会式で優勝チームを昨年優勝チームと発表してしまい表彰も済んでしまった。
完全に役員のミス。
こういう場合だれが判定するのか、あらかじめ決めておかなかった。
しかし、審判係がいるのだから、本来なら審判係が審議し決定すべきなのだろうな。

後日、体育部の会議を開き両チーム優勝ということにしなければなるまい。
いまさら、くじ引きでもしてどちらかのチームのみ優勝とするわけにもいかないだろう。


タグ:体育祭
posted by washiro at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連団体・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

少し秋らしくなってきた

山登りが続いたので、今日は、平地をゆっくりと。

曇っていて一頃の猛暑に比べたら過ごしやすいのだが、なんだか湿度が高く嫌な汗がでる。

利根川の堤防には彼岸花が咲き始めている。
ちょっと来ないでいると季節が移っている。


今日から後の彼岸か。


ロードバイクに乗った人たちも沢山見かける。

自分もポタリング・ペースより少しスピードを上げてみる。
おや心肺が少し前より楽に感じるぞ。山登りの成果だろうか。
でも、たった2回の山登りで効果がでるはずもないし。


いつものように広瀬川沿いCRを上流へ向かう。
案の定、速いペースはすぐに維持困難に。
ゆっくり行こう。


龍宮橋の南にも彼岸花。

100920jyobu_b.jpg

この時期になって、CRのそこかしこで雑草が伸びて道を狭くしているのが目に付く。
これから自転車には良い季節になる。なるべく早く処理して頂けるとありがたい。


ときどき、散歩者や自転車の少ない場所でペースを上げてみる。
まだまだ、長時間の速いペース維持は無理。しかし、漸くだがちょっと体力が向上しかけたかなという手ごたえはある。

しばらく、気の向くまま場所を変え山と平地を交互に走ってみよう。
ウォーキングも良い。





今日の自転車走行距離:52.00km
posted by washiro at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

普通に観音山

今日も暑くなったが、昼過ぎ走り出す。

今日は、ハイキングコースの下見は関係なく普通にいつもの観音山コースを一回りの予定。

少林山通りから登りにかかり、二つ目のゴルフ練習場の手前を息を切らせて漕いでいるとピナレロが追い抜いて行った。
登りにかかってすぐに下って行ったので、この登りを往復しているのだろうか。

追い抜きながら、「どちらから見えているのですか」と声を掛けて頂いた。


ゴルフ練習場入り口の自動販売機でスポーツドリンクを補給。

その後も相変わらずスローペース。
しかし、先のピナレロに2ラップ遅れにならないように少し頑張ってしまった。

先日下見した、みやま養護学校のすぐ手前を西に折れ、山里風の道に入る。
みやま養護学校の北側を行き学校の西の端でT字路ぶつかる。ここを右に折れそのまま道なりに北へ進むと少林山方面になる。
しかし、「長坂牧場」へはこのT字路を右に折れてすぐに左に曲がり西へ向かう。やや行くとY字路になり、左に行くとすぐに小さな橋になるが、そちらへは進まず右に行く。すると、道は一旦谷に下り小さな橋を渡ると短いがやや急な登りになる。ここを登りきると「鼻高展望花の丘」の東に出る。道はU字に曲がり南へ向かうのだが、U字の頂点にあたる辺りから細い道に入り北へ道なりに進むと「長坂牧場」の南東の隅と思しきところに出る。
文字にすると長くなるが、みやま養護学校前の通りからここまでは5分と掛からないだろう。

このコースが、みやま養護学校前の通りから長坂牧場への最短路ではないだろうか。


100918kannonyama 001b.jpg

今日は、チョコチップのジェラート。

山はやや靄っているが、麓の街並みはきれいに見えている。

しかし、ここから見える明るい景色を見ていると、先週(11日)徒歩で来た時に歩いたあの昼なお暗い林の中の細い林道のような道がこのすぐ近くにあることが想像できない。

100913nagasaka 005b.jpg

上の写真(9月11日の写真)の大きなアンテナの先に見える林の中だろう。
ハイキングコースの探索という一心で歩いたが、あんな道は二度と歩きたくない。



一休みして(一休みが以前より長くなっている)寺尾町方面へ下る。
尾根道はやや涼しく感じる。

去年交通止めになっていた箇所は舗装がきれいになっている。以前は、路面がひどく荒れていてスピードがでると怖かった。


寺尾町館から白衣大観音へ再び登る。

ここの登りも久しぶりだが、初めてここを登った頃に比べると苦しさもそれほどでもないような気がする。
しかし、染料植物園の駐車場直下の登りは何回登ってもキツイ。


100918kannonyama 002b.jpg

ここでの休憩も長くなる。

観音様のお顔もやや陰ってきたので下ることにする。


帰路はやはり気にせずスローペース。





今日の自転車走行距離:43.37km

posted by washiro at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

久しぶりの観音山 ― ハイキングコース探索を兼ねて

今日は、午前中病院で例の検査。
といっても、検査結果は来週になる。

午後、県スポーツプログラマー協会の行事の下見もかねて久しぶりに観音山に出掛ける。

100913nagasaka 016b.jpg


午前中、病院へ向かいながら見たときには空気も澄んでいて緑鮮やかに見えていた赤城山や榛名山も午後になるとやや靄った感じになってしまう。

短いとはいえ久しぶりの坂なので、登りに掛かるまでは体力を使ってしまわないように、極力ゆっくりペースで行く。


相変わらずの暑さだが湿度が低いのか案外爽やか。適度に風もある。

少林山通りから折れ登りに掛かるところで小休止。
いつになく慎重になっている。
目的のハイキングコースの探索を果たさなくてはならない。

登りに掛かってみると、案外と楽である。
久しぶりの坂登りなので、どれほど息急き切らすかと思っていたのだが・・・。
スピードが以前と比べたらうんと遅い。

100913nagasaka 001b.jpg

徒歩で登って来ることを考え、最短距離で長坂牧場に出られるようなコースを探索するために、地図上で調べておいた、普段なら入ることがないような細い道に入ってみる。

みやま養護学校の通りから長坂牧場を見ると、間に谷があり、この谷を横切るのは容易ではないと思っていたが、地図に沿って行ってみると、なかなか良い雰囲気の景色の場所を走り案外近いのが分かる。

100913nagasaka 003b.jpg

何回か上り下りがあり、鼻高展望花の丘の裏側(東)、長坂牧場のすぐ南にひょっこりと出る。


100913nagasaka 008b.jpg

ここに来ると、やはりこれだ。

100913nagasaka 006b.jpg

100913nagasaka 005b.jpg

雄大な景色を眺めながら味わうジェラートは格別。


いつもならここから一度寺尾町館まで下り再び白衣大観音へ登り返すのだが、今日は少林山へ下る。
ハイキングコースの探索が目的だ。


みやま養護学校の北まで戻り、少林山通りから登ってきた道の一本西側の道を下る。

しばらく下ると、榛名山の展望が開けたと思うと道が大きく左へカーブするところに出る。そのカーブに掛かる手前右側に少林山への案内板がある。
うっかりすると見落としてしまうかもしれない。
ここを右に折れる。

道は細いがしばらくは舗装されている。

100913nagasaka 012b.jpg

しかし、少林山への道は突然こんな風になってしまう。

確かに、案内板には「少林山達磨寺1.0k」とある。
当然、探索。(草は刈ってあるのだが、地面が見えていない。どうせなら、もう少しきちんと整備して欲しいものだ)
この道を下るのがやや躊躇われるので、舗装路をちょっと先まで行ってみると立派な石の門柱が立っている。見ると霊園のようだ。もちろん入りはしない。

もどって、先ほどの躊躇われる道を下ることにする。

数十メートルは自転車に乗ったまま下れるが、すぐに、道幅は狭まり両側から木々の枝葉が覆いかぶさる、こんな具合の道になってしまう。
勾配もきつくなりブレーキをかけてもタイヤが滑る。

100913nagasaka 014b.jpg

こうなると、最早マウンテンバイクでなければ、乗ったまま下ることはできない。
押して歩くことにする。
勾配も思いのほかキツイ。地面は湿り苔も生えたりしていて足元も滑りそう。

この道は、「高崎自然歩道」というらしいが、自然が満点。というか荒れ放題。廃道寸前。

おまけにクモの巣だらけ何やら虫もまとわり付いてきて往生する。

とうとう階段状の本格的ハイキングコース?

100913nagasaka 015b.jpg

日はやや西に傾きかけたとはいえ、まだ昼間。
なのに、フラッシュオートでフラッシュがたかれた。

自転車は担ぐはめに。

階段状の道を下りきると、開けた場所に出て、ほっとする。
この道も、整備が行き届いた状態のところを手ぶらで歩くことができれば、案外短く感じるのかもしれない。

しかし、ここからの少林山達磨寺の本堂と街並み、榛名山の景色は素晴らしい。(最初の写真)


この遊歩道はもう少しきちんと整備して欲しい。
今のままでは女性だけでは複数で歩くのも怖いだろう。
もったいない。


100913nagasaka 019b.jpg

境内の西側を下り少林山通りに出る。


今日歩いてみて、果たして、このコースは一般の方達を募集して開催するハイキングコースに相応しいか心配になってきた。





今日の自転車走行距離:39.52km

posted by washiro at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

日が短くなった ― 北向橋が通れるようになっていた

午後、町のイベントに参加し夕方5時過ぎに走り出す。

夕方になっても涼しくはならない。
しかし、湿度が低いのか空気が重いという感じがそれほどしない。


ポタリング・ペースで漕ぐ。
暑いのだが、風は心地よい。

利根川右岸CRも久しぶり。
雑草の処理が追いつかないらしく、サイクリングロードを狭くなってしまっている箇所が多い。


坂東大橋までというつもりで走りだしたのだが、ペースがゆっくりだったのでまだ余裕があり、トレーニングのつもりで上武大橋まで足を延ばす。

島村の直線で少しペースを上げてみたが、すぐにペースダウン。
脚も心肺もまだまだ。


中島橋の上から広瀬川の上流を見るとしばらく工事中だった北向橋が通れそうなので伊勢崎方面に向かう。

100905jyobu_b.jpg

浮いてしまっていた橋脚の補修が終わり橋桁もキレイになっている。


6時を過ぎ、すっかり日は落ち薄暗くなってしまった。
ライトを持ってきてよかった。

サイクリングロード上も、日が落ちやや涼しくなったせいか、散歩や自転車に乗る人たちの数が多くなっている。

伊勢崎市内を抜ける頃には、情けないことにバテバテ。



今夜のあるテレビ番組で、自転車に乗ることは認知症の予防に良いと言っていた。
散歩ではコースをいつもと逆に回ってみるのが良いとも言っていた。

では、自転車もいつも同じコースを同じ方向に回るのではなく、回る方向をその都度変えると認知症の予防効果はさらに高まるということか。

それよりも、いつも同じコースを走るのではなく、毎回新しいコースを走れば良いのだけれど・・・。





今日の自転車走行距離:48.97km

posted by washiro at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。