2011年01月09日

東京スカイツリー見物

昨日から一泊で、カヌークラブの新年会を兼ねた「東京スカイツリー」見物に行ってきた。

110109tokyo_sky_tree 024b.jpg


スカイツリー見物ということでか、幹事が、浅草まで東武伊勢崎線で行くコースを選んだ。
東武伊勢崎線に初めて乗った。



浅草駅に近づき車窓から間近に初めて見るスカイツリーも、周囲に高層ビルが増えたせいか、驚くほどの大きさは感じなかった。
それに、東京タワーのほぼ倍の高さになるという割りには底面の広さというか幅は意外に狭いという印象を受けた。
だから、エッフェル塔や東京タワーのように裾が広がった一般的なタワーを見慣れた眼にはやや安定感に欠けるようにも見えてしまう。


110108tokyo_sky_tree 007b.jpg

昨日(8日)は、まず浅草から水上バスに乗り浜離宮庭園に行く。
ここも私は初めて。

110108tokyo_sky_tree 022b.jpg

110108tokyo_sky_tree 028b.jpg

歩いて築地市場へ移動。
魚がし横丁に来ると正月の連休とあってどこのお店も人の列ができている。

110108tokyo_sky_tree 035b.jpg

その中で列の短いお店に入った。

お正月なのでちょっとお酒を。
サービスで頂いたゲソが甘くて美味しい。

110108tokyo_sky_tree 034b.jpg

チラシ寿司も美味しかった。


次は、地下鉄で東京タワーに行き展望台(150m)からスカイツリーを眺めてみようという寸法。

1時間待って特別展望台(250m)にも上がってみる。
ここまで上がるのも初めて。

110108tokyo_sky_tree 045b.jpg
 2本のタワー(ビルに写る東京タワーの影と靄っているスカイツリー)

特別展望台から下の展望台に降りてみると100mの差を感じることができる。

ただ残念だったのは、靄っていて遠望が利かなかったことだ。

エレベーターが混んでいたのもあり下りは階段を使った。東京タワーで階段で降りたのも初めてだった。

やや離れて東京タワーを眺めてみると安定感もあり美しいと思った。
完成したスカイツリーは果たして美しいと思えるか?



宿に行き少し休んだ後外に出て新年会。

110108tokyo_sky_tree 051b.jpg

今年もよろしくお願いします。ということで「乾杯」



今日(9日)は、宿を出て撮影ポイントを探しながらスカイツリーの近くまで歩いてみる。

110109tokyo_sky_tree 007b.jpg

現在のタワーの高さが539mと表示されている。

スカイツリーが見える場所はどこも人だかりがしている。

110109tokyo_sky_tree 008b.jpg

う〜ん、やはり「ねじれている」ように見えてしまうのだが・・・。

110109tokyo_sky_tree 009b.jpg

この三角形と言われている底面の一辺の長さはやはりタワーの高さの割には短いように感じる。

「ねじれている」というのをタワーの中心を貫く鉛直の中心線に対して一本の柱が螺旋階段のように巻いていることを云うとすると、近くで一本一本の柱よく見ると確かに中心線を巻くようには立っておらず、中心線に重なるような位置に正対して見れば中心線とずれているような柱は一本もないようにも思える。

110109tokyo_sky_tree 012b.jpg

しかし、底面は三角形だったものが300mを越えた辺りで真円になるという平面図の変化やほんの少し反った三角形の頂点に当たる柱、それらの間にあるやや外側にむくれているように見える柱などのせいで、見る位置によっては「ねじれている」ように見えてしまう。

底面が狭いことから不安定に感じてしまうことや見る位置によって「ねじれている」ように見えてしまうことも、設計の段階で考え尽くされ意図があってのことに違いないのだが、エッフェル塔や東京タワー、さらには奈良薬師寺の東塔のように美しいと思ってもらえるかどうか疑問を感じてしまう。
設計者が意図し取り入れたと言う日本の伝統的建築物の「そり」や「むくり」、刀の「そり」のようなものが、果たして意図したとおりに表現されているかどうか・・・と思ってしまう。
塔の心柱による制振の考え方は取り入れられているらしいが。

しかし、建設途中とはいえ人気はあるようだ、ツアーのコースにも入っているようで団体さんも見て歩いている。ヴューポイントと思われるところはどこもカメラや携帯で撮影する人で一杯だ。


110109tokyo_sky_tree 034b.jpg

110109tokyo_sky_tree 037b.jpg

柴又の帝釈天と浅草の浅草寺をお参りして帰路についた。

posted by washiro at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

初日の出ツーリング

110101hatsuhinode 007b.jpg

大晦日から元日にかけての天気は全国的に大荒れで関東地方も晴れるものの北風が強いとの予報だった。

風が強かったら今年の初日の出ツーリングは止めようと思っていた。しかし、朝庭に出てみるとほとんど風もない。

関東地方は雲が多いとのことだったので、うまく初日の出が見ることができるかとの心配をしつつ漕ぎ出した。

利根川CRに入り周囲に風を遮るものがなくなると南西の弱い風が吹いている。

いつもの島村休憩所に着くと既に大勢の人たちが集まっている。
空は明るくなってきており、雲は紅く染まっている。


初日の出を見に来るようになってから昨年までは、東の地平線近くにはほとんど雲がなかったと思うのだが、今日のように紅く染まる雲もきれいだった。

110101hatsuhinode 003b.jpg

110101hatsuhinode 006b.jpg


やや風が強くなってくる気配なので早々に漕ぎ出す。
今年も群馬県庁に行き「ニューイヤー駅伝2011」のスタートを見ることにする。

110101hatsuhinode 018b.jpg

鍋割山は薄っすらと雪を被っている。
何人か知人が初日の出を見にここへ登っている。
寒そう。

それほど強くはないのだが、始終向かい風で島村から県庁までは疲れた。


それほど急いだわけではないのだが、県庁にはやや早く着いた。

駐輪場に行くと三宅島から来たという人に会った。
東京からは自走だという。

スタートを見てから選手達を追いかけるとのこと。

110101hatsuhinode 021b.jpg

選手達を見送ったので、地元に戻り再び応援することにする。


110101hatsuhinode 024b.jpg

オー!トップは「地元」のチームではないか。
この後の区間でどこまで優勝の期待をもたせてくれるか。


今朝は疲れたので、初詣は後にして、家に帰り朝湯に入った。

一時は諦めたが、今日は運よく初日の出を見ることができた。





今日の自転車走行距離:63.84km
posted by washiro at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年 辛卯元旦

110101hatsuhinode 013b.jpg

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

posted by washiro at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする