2011年04月29日

利根川CR上武大橋方面

今日は、昨日と打って変わって風も穏やか。

利根川右岸CRを下流方面へ。

開けたところに出ると多少風はある。
東に向くと向かい風になる。



河川敷のグラウンドでは、何か最悪のことをやっているような・・・

110429jyobu 001b.jpg

この写真には写っていないが、このすぐ右手奥では子供達が野球をやっていた。
せめて水を撒いてからやったらどうなのかな。



伊勢崎市内広瀬川沿いCRは方々で工事をしていて、しばしば迂回させられた。
この間の地震の影響があったのだろうか?


久しぶりにいつものコースを回ってみたが、思いのほか体力が落ちてしまっている。

後半は脚は重くなるは、バテバテになるはで、やっとのことで家まで戻った。

しかし、遠くに見える山々は緑も濃くなっている。
早く体力を回復させ新緑を見に山にも行ってみたい。




今日の自転車走行距離:62.21km
posted by washiro at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

ほぼ4ヶ月ぶりの自転車

やや風が強いが、長い間走れなかったので、しばらく振りに注油もし走りだした。

目的も決めずに利根川CRを前橋方面へ向かう。

思いのほかの強風。
横風を受けるとふらついてしまう。

息も上がってしまう。

110428yoshioka 003b.jpg

元旦に走ったきり、その後は風邪が長引いたり、3月の検査に備えて身体を休ませていたせいで、4月も終わるという今までまるっきり走らず。

3月に受けた検査の結果もあまり良くなく、念のため新しい検査法だというMRI検査を受けることを勧められ、その検査を今月の11日に受けた。

MRIの画像を読む専門の先生がD医科大学から来て診断するとのこと。

そのため結果が分かるのが遅くなったが、今週の月曜日に結果を聞きに行ってきた。

結果は、「異常なし」

その日診察をしたK病院の理事長の話では、
「特に異常と思われるところは見られない。専門の先生の所見も異常は見られないとのことです。
とりあえず、今のところはこれ以上詳しい検査は受けなくてもよいということです。
しかし、これで無罪放免というわけではない。
PSAの検査値が高いとガンになり易い(?)ので、6ヶ月おきに血液検査を受けて下さい。」
とのことだった。

ついでに、「検査値がよくなるように日常生活で気をつけることはないですか。」
と先生に聞いてみた。

先生の答えは、「昔より高カロリーの食事になっているので、前立腺ガンも増えている。
それからアルコールも関係している。」
とのこと。


検査値が急に上がっていたので心配したが、とりあえずほっとした。

因みに、MRIは他の部位の診断では一般的なのだろうが、前立腺の場合は新しい診断法だということで保険がきかなかった。

自転車に乗るのを控えても、PSA検査値は好転しなかった。
自転車に乗ることは、個人差はあると思うが、私の場合前立腺にはあまり関係はなさそう。
それよりもアルコールの方が関係ありそう。



そんなことなので、自転車に乗ることの身体への悪い影響などあまり気にせず以前と同じように乗ろうと思う。

やはり、久しぶりの自転車なので、すぐに息が上がってしまうし脚も重くなる。

風も強いので休み休み漕ぐ。

110428yoshioka 007b.jpg

強風にもかかわらず、時々ローディにもあう。


前橋市内に入ると、橋の袂のアンダーパスの前後に橋の名前が書かれていた。
これはありがたい。分かり易い。


調子が悪いながらも吉岡町の風力発電所のところまで来た。

110428yoshioka 001b.jpg

東電福島原発の事故の先行きが不透明な中、否が応でも自然エネルギーの利用に関心が向く。
よく見ていたここの風力発電のプロペラもいつもと違って見える

この風力発電システム(直径30メートルのブレード)は、年間327,200kwh(一般家庭100軒分)を発電するとのこと。

からっ風で有名な群馬県なのだから、もっと風力発電に対する関心があっても良さそうなものだが、意外に風力発電の設備が少ないように思う。

すぐ近くにこんな施設もある。

110428yoshioka 006b.jpg

110428yoshioka 002b.jpg


それに群馬は温泉も多い。地熱発電が可能な場所も多いのではないか。

国の政策として早急に持続可能再生可能エネルギー利用の方へシフトしてもらいたいものだ。

身体のこと病気のことが心配になる年齢になるとなおさら、なにも危険なエネルギー産生方法にしがみついている必要はないのでは、すぐに危険のない持続可能エネルギー利用法を開発整備して欲しいと思ってしまう。
人類としてエネルギー消費を抑えることを考えていくことも大事だと思う。


『宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。』 (「これ以上のエネルギー消費拡大は犯罪 原発がすべて止まっても決して停電は起きない」 2007年8月12日、東京・高尾山エコラボキャンプ 京都大学原子炉実験所 小出裕章氏講演)





今日の自転車走行距離:41.37km
posted by washiro at 17:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする