2010年11月06日

シートポストを交換した

シートポストをフルカーボンのものに交換したので、効果を確かめるために走ってみた。

101106jyobu 004b.jpg

TNIのもの。あまり上等のものではない。

フレームがアルミだからか、バイク購入当初からサドルをとおして身体に伝わる微振動が気になっていた。
しかし、サドル探しの方が優先し、シートポストの交換はずっと後回しになっていた。

サドルは、交換後際立って不満な点のないものにめぐり合ったので、やっとシートポストの番になった。


シートポストにサドルを取り付ける段になり、サドルとの相性が悪いかなと思ったり、購入したばかりのシートポストが無駄になってしまうのかなと思ったりもした。

というのは、サドルがSMPのものなので、シートポストへの取り付けが他のメーカーのサドルだとかなりの前上がりになってしまうようにクランプを調整しなくてはならない。
今回購入したTNIのシートポストは、クランプの構造上、クランプを前上がり方向への調整幅いっぱいまで寄せても、SMPサドルのセッティングの基本、前後の一番高いところを結んだ線が水平にという位置までは調整できなかった。

結局、取り付けたサドルの角度が、以前より僅か前下がり(それでも、他のメーカーのサドルのセッティングからみればかなりの前上がり)になってしまった。


そんなことで、少し走ってみてサドルの角度によりあまり違和感があるようなら元のシートポストに戻さなくてはならなくなるかなと思っていた。


恐る恐る走り始めてみたが、違和感はない。
むしろ、今まで気になっていた振動が気にならなくなった。
サドルから身体に伝わる振動の角が取れたというか円やかになり、自転車の乗り心地が格段に良くなった。

振動の周波数がレーパンやサドルのパッドでは遮断したり軽減したりすることが難しい帯域のものなのだろうか。

サドルの角度も、かえって前の方が身体に強く当たらなくなり、以前よりフィット感が増した感じだ。


今のところは、不快な振動の軽減についてはフルカーボンのシートポストの効果絶大と言っておこう。

101106jyobu 003b.jpg


シートポストを交換した後のサドルの角度も問題なく、嫌な振動を抑える効果も確認できた。


きれいな夕日を見ることもできた。




今日の自転車走行距離:51.40km

posted by washiro at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック