2011年04月28日

ほぼ4ヶ月ぶりの自転車

やや風が強いが、長い間走れなかったので、しばらく振りに注油もし走りだした。

目的も決めずに利根川CRを前橋方面へ向かう。

思いのほかの強風。
横風を受けるとふらついてしまう。

息も上がってしまう。

110428yoshioka 003b.jpg

元旦に走ったきり、その後は風邪が長引いたり、3月の検査に備えて身体を休ませていたせいで、4月も終わるという今までまるっきり走らず。

3月に受けた検査の結果もあまり良くなく、念のため新しい検査法だというMRI検査を受けることを勧められ、その検査を今月の11日に受けた。

MRIの画像を読む専門の先生がD医科大学から来て診断するとのこと。

そのため結果が分かるのが遅くなったが、今週の月曜日に結果を聞きに行ってきた。

結果は、「異常なし」

その日診察をしたK病院の理事長の話では、
「特に異常と思われるところは見られない。専門の先生の所見も異常は見られないとのことです。
とりあえず、今のところはこれ以上詳しい検査は受けなくてもよいということです。
しかし、これで無罪放免というわけではない。
PSAの検査値が高いとガンになり易い(?)ので、6ヶ月おきに血液検査を受けて下さい。」
とのことだった。

ついでに、「検査値がよくなるように日常生活で気をつけることはないですか。」
と先生に聞いてみた。

先生の答えは、「昔より高カロリーの食事になっているので、前立腺ガンも増えている。
それからアルコールも関係している。」
とのこと。


検査値が急に上がっていたので心配したが、とりあえずほっとした。

因みに、MRIは他の部位の診断では一般的なのだろうが、前立腺の場合は新しい診断法だということで保険がきかなかった。

自転車に乗るのを控えても、PSA検査値は好転しなかった。
自転車に乗ることは、個人差はあると思うが、私の場合前立腺にはあまり関係はなさそう。
それよりもアルコールの方が関係ありそう。



そんなことなので、自転車に乗ることの身体への悪い影響などあまり気にせず以前と同じように乗ろうと思う。

やはり、久しぶりの自転車なので、すぐに息が上がってしまうし脚も重くなる。

風も強いので休み休み漕ぐ。

110428yoshioka 007b.jpg

強風にもかかわらず、時々ローディにもあう。


前橋市内に入ると、橋の袂のアンダーパスの前後に橋の名前が書かれていた。
これはありがたい。分かり易い。


調子が悪いながらも吉岡町の風力発電所のところまで来た。

110428yoshioka 001b.jpg

東電福島原発の事故の先行きが不透明な中、否が応でも自然エネルギーの利用に関心が向く。
よく見ていたここの風力発電のプロペラもいつもと違って見える

この風力発電システム(直径30メートルのブレード)は、年間327,200kwh(一般家庭100軒分)を発電するとのこと。

からっ風で有名な群馬県なのだから、もっと風力発電に対する関心があっても良さそうなものだが、意外に風力発電の設備が少ないように思う。

すぐ近くにこんな施設もある。

110428yoshioka 006b.jpg

110428yoshioka 002b.jpg


それに群馬は温泉も多い。地熱発電が可能な場所も多いのではないか。

国の政策として早急に持続可能再生可能エネルギー利用の方へシフトしてもらいたいものだ。

身体のこと病気のことが心配になる年齢になるとなおさら、なにも危険なエネルギー産生方法にしがみついている必要はないのでは、すぐに危険のない持続可能エネルギー利用法を開発整備して欲しいと思ってしまう。
人類としてエネルギー消費を抑えることを考えていくことも大事だと思う。


『宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。』 (「これ以上のエネルギー消費拡大は犯罪 原発がすべて止まっても決して停電は起きない」 2007年8月12日、東京・高尾山エコラボキャンプ 京都大学原子炉実験所 小出裕章氏講演)





今日の自転車走行距離:41.37km
posted by washiro at 17:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おッ お久しぶりです!

群馬県は全国有数の日照時間だということを忘れてもらっちゃ困ります!
太陽光発電も可能性大ですね。

案外話題に登らないのが“蓄電”
今や、ノートPC、ケータイなどで充電システムが進んでいるのに…
もっともっと高性能な家庭用蓄電池が開発できれば、不安定な自然エネルギーも利用価値が高まる筈

でも基本は、化石燃料であれ電力であれ、如何に他からのエネルギーに依存せずに生活するか考え直す時期なのでしょうね。

太陽光発電で余った電気をプラグイン電気自動車に蓄電するシステムを提唱している人もいますが、結局はエネルギー消費が大きい自動車を利用するという前提ですよね。これには個人的におおいに疑問を感じます。

ヒトが人力で移動できる範囲の中で生活できる“まちづくり”、スポーツを通してこんな提案をし続けて行きたいと思っています。

計画停電の最中、折しも給油騒ぎと重なり、まちからクルマが少なくなりました。
停電中は信号も消え、無駄な停止時間が減り、被災された方々の犠牲のもと、不謹慎ながらなんて過ごしやすい世の中になったんだろうと歓迎していました。でもあれから1ヶ月以上経ち、もう既にまちにはクルマが溢れている有り様です…

文化とは、本来身体活動を通して育まれてきたものと認識しています。
こんなことがあったのに、もう既にクルマ依存社会に戻っている現状に、文化レベルの?を憂うばかりです。

長々とすみませんでした。
Posted by ひらりん at 2011年04月29日 20:29
本当に久しぶりの更新となってしまいました。

そうですね。日照時間の長い群馬県、太陽光発電や太陽熱発電は大いにありですね。

それに、ネットで見たある講演で、田中優さんが大型のキャパシタ(ECaSS)で蓄電に有望なのがあると言っていましたね。YouTube〜「エネルギー問題」編 未来バンク事業組合理事長 田中 優 氏〜

電力会社が地域独占で大規模に発電送電配電をするのではなく、地産地消のようにもっと小規模に、できれば各家庭ごとに安価に発電できるようになるといいですね。

やはり我々がもっとエネルギーの消費そのものを抑えることを考え実行することが大事でしょうね。

そういえば、京都大学原子炉実験所の小出裕章先生の研究室は必要なければ照明も点けずエアコンはあるけど夏でも使わないそうです。
そういえば、パソコンのモニターも消えていましたね。パソコンも使わない時にはこまめにスイッチを切っているのでしょうね。
また、先生は、現在日本人が1日一人当たり平均12万キロカロリー消費しているエネルギーを半分の6万キロカロリー(世界平均が4〜5万キロカロリー)にするよう提唱しています。
Posted by washiro at 2011年04月30日 01:02
日本人には意思がない。
だから、意思決定ができない。
神の意思による災害は天災、人の意思によるものは人災。
意思という概念がなければ、天災と人災の区別も定かではない。
人の行動を納得できるものに改めることも容易ではない。

指導力は、指導者の社会意思の決定力である。
意思そのものがなければ、社会問題は指導者による解決を見ない。
「首相はオーケストラの指揮者だが、誰も指揮者を見ていない」ということは、一個人の意思に構成員が意識を集中できないことを意味している。
問題を解決する能力のない人たちが、事態を台無しにする力だけを持っている。だから、世の中は難しい。
問題を解決しようとしても、先送りと積み残しに終始する。なりゆき任せになる。
「そのうち、何とかなるだろう」ということか。

未来の内容が定かに考えられないと、起こる事態は想定外のことばかり。
目の前に事態が現われてからでは、その対策は後手後手に回る。
未来のことは、未来時制の構文の中で述べられる。
日本語には、時制がなく、未来時制もない。
だから、その計画も行き当たりばったりになる。

日本人は、拙速主義である。場当たり的なトントン葺きの家づくりが得意である。
大ブタさんのわらの家をつくる。災害に強い小ブタさんの煉瓦の家は作らない。
作る暇などないからである。
日本人は、過去と未来に挟まれたごく狭い時空の中にあくせくと住んでいる。
精神を集中すると、その刹那も永遠に見えてくるから不思議である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812




Posted by noga at 2011年05月01日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198219904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。