2016年02月13日

吉岡町緑地運動公園往復 2016.2.4 〜久しぶりの更新〜

160211yoshioka_003b.jpg風がなく穏やかなので、バドミントンで痛めた右膝がまだ万全ではなくやや不安があるのだが漕ぎ出した。
グリーンドームの対岸まで来ると子持山と小野子山の間に谷川連峰がきれいに見えていた。

ここまで来る前、前橋の中心市街地の南にある前橋育英高校の少し南に雷電神社という神社があり、その東側でサイクリング・ロードが長い間途切れていて、短い距離なのだが、少しきつい坂を登り住宅地の中を走らなければならなかった。
今回行ってみるとその箇所が通れるようになっていた。





特に目的もなく漕ぎ出したので、その開通した箇所の様子を紹介してみます。


160211yoshioka_001b.jpg以前は、この先に竹藪が立ち塞がりサイクリング・ロードが途切れており、ここで左折し坂を登り住宅地を走らされていた。

散歩をしていたご近所の方に伺ったところ、昨年の11月の下旬ころから通れるようになったとのこと。

160211yoshioka_017b.jpg同じ場所を北側から見る。

160211yoshioka_016b.jpg同じく北側から、右側(西側)の高台の上が雷電神社。

160211yoshioka_015b.jpg高台の上の雷電神社。

160211yoshioka_014b.jpg以前は左側(西側)の住宅地を走り、正面に見える住宅の右手前のオレンジのポールのところからサイクリング・ロードに戻っていた。

160211yoshioka_012b.jpg左側(東側)はスッパリと切れ落た利根川の崖である。


この箇所が通行可能になったお蔭で利根川自転車道の県内部分は一般道を迂回する箇所がなくなったと思われる。

しかし、迂回箇所の解消に10年以上掛かったことになるのか。

そういえば、10年近く前に、前橋市内大渡橋西詰めの信号から総社町植野の「せせらぎの湯」の上までの最短の迂回路を見つけてこのブログで紹介したことがあったなぁ。

160211yoshioka_011b.jpg紅梅?桃?

160211yoshioka_006b.jpg白い花もあったから紅梅白梅??

160211yoshioka_005b.jpg赤城山


やはり、走り出しから右膝にやや違和感があった。
しばらく走るとそれほど気にはならなくなる程度だったのだが、家に戻ると少し痛みが出た。

ウォーキングならばほぼ気にならないくらいには回復しているのだが、完全な回復にはもう少し掛かりそうだ。




ブログの更新も間が開いたり滞ったりしてしまったが、その間介護や看病をしていた母も前回のブログ記事からほぼ1年後に他界した。

母の介護や看病の合間にも時々は気晴らしに自転車にも乗ってはいたのだがブログの更新まではできなかった。

母がまだ少し元気があったころは、時々、花や紅葉を見に行ったり散歩に出かけたりしていた。これから、そんな場所にも自転車で行ってみようと思う。


posted by washiro at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433773565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。