2009年04月27日

早朝、観音山 ― 原始の風景

090427kannonyama 011b.jpg

早朝の山の景色が見たくて5時半から漕ぎ出す。

早朝ライディングで山は初めて。
高崎市街を抜けるまでは平地走行なのだが、まだ身体が目覚めきってないようで動きがイマイチ。

しかし、周囲の山々を見ると朝日を受けて新緑が鮮やかで木々の一本一本まで見えるようだ。
期待できそう。


案の定登りにかかるとすぐに息が上がってしまう。
全く調子が出ない。
どうもいつもの観音山登坂と違う。
乗附からの登り始めから既にかなりきつく感じる。

早朝の山登りはダメなのだろうか。


登りきったところで休憩。

090427kannonyama 002b.jpg

妙義山も細部まではっきり見えていて、すごく近くに感じる。


「鼻高展望の丘」や「長坂牧場」の方へ行く道に入ってみる。

090427kannonyama 003b.jpg

この辺りから見る榛名山や浅間山、妙義山方面の景色はやはり早朝がいい。
期待していた通りの景色が見えている。


自分が今立っている観音山の台地の西側が見渡せる場所に行ってみる。

090427kannonyama 006b.jpg

今頃雪をかぶった浅間山。

長いレンズを向けている人もいた。


早朝でまだtanpopoもやっていない時間だが駐車場まで行ってみる。

090427kannonyama 014b.jpg

赤城山はすでに靄がかかったようになってしまっている。


しかし、こうして緑鮮やかで山襞もはっきり見える風景を見ていると、建物などの人工物は見えているものの、なにかタイムスリップして人類の文明が始まる遥か以前の原始の自然の風景を見ているような錯覚に陥ってしまう。

埴谷雄高さん風に言えば、自然が自分はこうありたいと夢見たとおりの自然、そういう自然を今目の当たりにしているのではないかと思ってしまう。


090427kannonyama 016b.jpg

090427kannonyama 018b.jpg

一旦寺尾町館まで下る。途中で見えたのだが、頂上に城のようなものが見えるが牛伏山?

090427kannonyama 019b.jpg

ちょっと自転車で山に来なかった間に一気に緑が深まっている。

山間に咲いている藤などを見ながら再び白衣大観音方面へ登り返す。
多少調子も出てきて「染料植物園」脇を登りきる。

090427kannonyama 021b.jpg

090427kannonyama 020b.jpg

090427kannonyama 024b.jpg


休憩の後、いつもとはコースを変え聖石橋の方に下ってみようと思い、白衣大観音からみやげ物屋さんが並ぶ道を平和塔の駐車場の方へ向かった。

そのみやげ物屋さんが並んでいる道をつつじなど見ながらゆっくり漕いでいた。北側は少し小高くなっているところが尾根伝いに遊歩道のようになっているのだが、そこに上がる石段が目に付き自転車を柵に立て掛けなんとなくそこを登ってみた。

すると、そこはそれほど広くはないが人が数十人は集まれるだろうか、ちょっとした広場のようになっている。
よくは見なかったが誰か偉人でもあるのだろうか像も建っている。

(付記:調べてみると、この像は高崎の篤志事業家の田村今朝吉翁の像とのこと。この像が建つ前はここに白衣大観音を建てた井上保三郎氏が建てた乃木希典大将の銅像が建っていたのだが、その銅像は戦時中に供出されてしまったのだとか。乃木大将は銅像になってまで戦地に送られたことになる。)

090427kannonyama 025b.jpg

ここに立った時、急に時間が数十年戻り、幼稚園の遠足で観音山に来てその時集合場所にでもなったのだろうか、ここに付き添いの家族の人たちとともに集まった場面の記憶が蘇った。

またタイムスリップか??

その時は丁度家の屋根の葺き替えで職人さんが来ていて母が付き添いに来れず祖母が一緒に来てくれた。
やはりおばあちゃんが付き添いで来ていた○○ちゃん(女の子)と四人でこの辺りを歩いたことを思い出した。誰か集合時間に遅れてここですごく待たされたような記憶もある。

そんな記憶がいっきに蘇った。

なにか眩暈でも起こしそうな感覚がした。

そのころはもっと広い場所のように思ったが今立ってみると狭い。だが間違いなくこの場所だ。
今ここに建っている像がそのころもあったかどうかは記憶にないのだが・・・。
なにしろ昭和が二十年代から三十年代に移る頃のことだ。

しかし、幼稚園の遠足の後も何度かこの場所は歩いているのに、記憶が蘇ったのがなぜ今日だったのだろうか。


今日はそんな不思議な体験の余韻を引きずったまま観音山を後にした。

090427kannonyama 032b.jpg

090427kannonyama 033b.jpg

聖石橋から振り返ると、乗附から登り始めてすぐのところにあるゴルフ練習場が見えている。




今日の自転車走行距離:45.70km
posted by washiro at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

富岡市丹生湖でウォーキング教室 ― 会場まで自転車で

富岡市丹生湖周辺で県スポーツプログラマー協会主催のウォーキング教室が開催された。

090418sp_seibu_walking 013b.jpg


今日は丹生湖まで自転車で行こうと思い早く起き外を見てみると曇っている。
黒っぽく低い雲もあり今にも降り出しそう。

念のためネットで天気予報を見てみると雨は降らないようなので予定通り自転車で行くことにする。


まだ早朝は寒いのでベストとアームウォーマー、レッグウォーマー、指付きのグローブを着けて漕ぎ出す。
空が暗く湿度も高いので走っていてあまり気分が良くない。
湿気が肌にまとわり付くような感じがする。


コースは倉賀野から県道173号金井倉賀野停車場線で山名、県道200号後賀山名停車場線で塩畑堂、県道197号下高尾小幡線を南下し国道254号バイパスに入り丹生湖に向かうコース。

以前はきつい思いをした「吉井カントリークラブ」の登りも、今日はあっけなく越えてしまう。


往路に要した時間も前回よりも若干短かった。

スタッフ集合時間より大分早く着き、スタッフはまだ誰も来ていないので今日のウォーキングコースを自転車で走ってみる。
未舗装の箇所は走らなかったが去年のように雨で流れ出た土砂がぬかるんでいるような悪路はなさそう。新しく舗装されている箇所もある。
天気さえもってくれれば・・・。


今日のスタッフは、私を含め、県スポーツプログラマー協会西部地区の7名。

受付が始まった当初は天気のせいもあってか出足が悪く参加者も少ないかと思っていたのだが、開講間際になると申込みがどっと増え最終的に参加者は60名以上となった。

090418sp_seibu_walking 002b.jpg

もう少しスタッフの数が欲しいくらい。


受付終了後駐車場を離れてダムの上まで移動して教室を始める。

今回は、日ごろの運動についての話や栄養摂取についての話、準備運動、正しい歩き方の話等をそれぞれスタッフが分担して指導する。

090418sp_seibu_walking 006b.jpg

みなさんに運動を始める前の心拍数を計ってもらっている。

正確には、普段から自分の安静時心拍数を計っておき(朝目覚めた時に横になったまま計る)、それと年齢毎の最大心拍数(220−年齢)を基準にしてそれぞれの年齢やその時の運動強度に応じた目標心拍数を設定する。
(年齢毎の最大心拍数−安静時心拍数)x運動強度(60%ならば0.6)+安静時心拍数
が自分の年齢とその時に設定した運動強度に応じた目標心拍数になる。


090418sp_seibu_walking 009b.jpg

管理栄養士の資格を持っているスタッフのお話。


090418sp_seibu_walking 011b.jpg

090418sp_seibu_walking 014b.jpg

あれッ、お三人さん、皆さんは向こうへ歩いていってますよ。


ストレッチと正しい歩き方の話の後、4キロ、6キロ、8キロのコースに別れそれぞれスタートする。

各コースが時間をずらしてスタートし全てのコースが一度丹生湖を一周する。


090418sp_seibu_walking 018b.jpg

8キロコースの先頭グループは快調なペースで歩いています。

空も明るくなってきた。


まだ全行程の序盤というのに既に大分列が伸びてしまっている。

090418sp_seibu_walking 023b.jpg


8キロコースの中間点を過ぎたこの辺りでは、もう先頭グループは見えなくなってしまった。

090418sp_seibu_walking 024b.jpg


090418sp_seibu_walking 028b.jpg

各コースがスタート地点に戻り整理運動をしています。
お疲れでしょうにみなさん笑顔ですね。

丹生湖周辺の桜はほとんど散ってしまっているが、みなさん良いウォーキングをして頂けたようです。



参加者の皆さんが解散した後、お弁当を食べながらスタッフの反省会。
次回はスタッフ全員が講師として何か一つずつ担当するということに。

会場の後片付けをして我々も解散。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。




スタッフ解散後、走り出した直後に両脹脛が軽い痙攣を起こす。

ウォーキング教室の時に8キロコースの殿で写真を撮っては走り曲がり角の案内で前へ走りしていたのが効いたらしい。
結構アップダウンもあるコースだった。


こまめに休憩を取りながらR254を走っていると、国道から山道に入るころには脹脛も気にならなくなる。



交換したサドルのアンタレスだが、全く尻の痛みがないわけではないが交換前のカイマノの拳骨の上に座っているようなゴツゴツ角が当たるような感じの痛みはなく、フラット部分に加重が上手く分散されて痛みも特定の点に集中するようなことはない。
しかし、広告等で言われているほどパッドの厚みの効果があるようには思えない。



明日は「ツール・ド・草津」か・・・。(私は走りませんが。)

これ以上体力が落ちてしまわない内にエントリーしてみたいと思ってはいるのだが・・・。
赤城山を途中で休まずに登りきれるくらいでないと白根山の登りはキツイ思いをするのだろうな。





今日の自転車走行距離:70.76km
posted by washiro at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ニューイヤー駅伝コースをツーリング

090411new_year_ekiden_course 001b.jpg

バドミントン仲間のSさんプロデュース、ニューイヤー駅伝コースツーリング。

参加者はSさんとSさんの同僚のS口さん、以前一緒に体育指導委員をしたT井さんと私の4人。

集合場所に着くと既に皆さん集まっている。


Sさんがトップでスタート。

駅伝と同じようにまず東に向かい太田を目指す。

スタートして直後、私の自転車の前輪がパンク。
チューブの交換の仕方を忘れてしまうくらいパンクしていなかったのだが・・・。
サドルバッグにはチューブが一本しかなかったので、家人に予備チューブを届けてもらい再スタート、皆さんに追いつく。


その後は、のんびりペースと言っていた割には結構なペースで走っています。
走りながら見るこの辺りの桜も葉が目立ち始めた。


途中、世良田の東照宮に立ち寄る。

090411new_year_ekiden_course 002b.jpg

090411new_year_ekiden_course 005b.jpg

090411new_year_ekiden_course 007b.jpg

ここの桜も葉が目立ち、花吹雪が舞っている。


090411new_year_ekiden_course 014b.jpg

実は昨日注文しておいたサドルが届き交換した。
新しいサドルはフィジークのアンタレス。

今までのサドルと違い座面のフラット部分が広く、ここまで走った感じではなかなか良さそう。
硬すぎることもない。尻の据わりも良い。
100km前後になった時にどうだろうか。


12時を少し過ぎ腹も減ってくる。

太田市内を抜け桐生市に入ったところで昼食。
わらじカツの看板のあるお店に入りヒレカツ定食を食べる。
(腹が減っていて写真を撮るのを忘れてしまった)


桐生市街を抜けて、みどり市に新しく出来た体育館に寄る。

090411new_year_ekiden_course 017.jpg

バドミントンコートが12面取れる。
しかし、天井を含めた上半分の色が白いのはシャトルが見ずらいのではないかな。
方々に木が使われているのは好感が持てる。


国道50線に入り前橋を目指す。


伊勢崎に入って今度はS口さんがパンク。
今日はパンクの当り日か?


前橋市内に入ったら、ニューイヤー駅伝のスタートとゴールになる県庁には寄らなければなるまい、ということで。

32階の展望ホール。
厚い靄がかかっていてあまり眺望はよくない。

090411new_year_ekiden_course 019b.jpg

上毛かるたに「鶴舞う形の群馬県」とある、鶴舞う県の形を模った「さちの池」を撮影。
ガラスに写ったジャージの文字が薄っすらと・・・。

とはいえ、実は県庁の展望ホールに来るのは初めて。

090411new_year_ekiden_course 020b.jpg

花曇でクリアーではないが、中央大橋の西詰めのサイクリングロードの様子がよく分かる。

県の地形を模ったジオラマのある26階に寄る。

090411new_year_ekiden_course 021b.jpg

わが町の辺りから北の方角、赤城山榛名山方面を見たところ。
標高は3倍に誇張してあるとのこと。


少し長居をしすぎたか、陽は大分西に傾いてしまった。
国道17号線を高崎へ向けスタート。

やはりパンクの特異日か?
国道17号を走っていて緑町を過ぎたところで、今度はT井さんがパンク。
チューブラーだったもので近くのヨシダへ駆け込んで修理してもらうことになる。少し時間が掛かるということなのでT井さんとはここでお別れする。

結局、日没が迫ったこともあり、和田橋までは行かず問屋町から最短で県道27号高崎駒形線に入る。

京目町で、倉賀野に帰るS口さん、ゆっくりと帰りたいというSさんとお別れ。
ライトを持たなかったので先を急がせて頂く。
高崎の和田橋から市役所、市中心の間以外はしっかりニューイヤー駅伝のコースを辿り本日の予定終了。

みなさんお疲れ様でした。


今日は途中で休憩を長く取りすぎたかな。
もう一つ、歩道を走るのをもっと短く本当に止むを得ない場合のみにした方が良いのでは。
Sさんは、仕事柄か、ドライバーに気を使っていたようだ。





今日の自転車走行距離:105.39km
posted by washiro at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

つづいて朝ポタ

4月9日、今朝も朝練。

090409jyobu 001b.jpg

家の近くの桜並木も今が満開。


今朝も西よりの風。

神流川右岸から烏川右岸を経て利根川右岸CRに入り下流方面へ向くと今日も調子が良いのではと錯覚。

今日は、追い風に乗って少しスピードを上げてみる。
時間を計ったわけではないが坂東大橋から上武大橋間の自己最速タイムがでたのでは?

しかし、その後は、CR周辺の桜を探しながら眺めながらのんびりペース。

090409jyobu 005b.jpg

伊勢崎市内龍神宮近くの桜。


井野川CRから「群馬の森」を経て柳瀬橋から烏川CRを回わろうと思っていたのだが、遅くなりそうなので真っ直ぐ帰宅。



今日の自転車走行距離:52.17km
posted by washiro at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

朝LSD

久しぶりの朝練。

090407jyobu 002b.jpg

いつもの夕陽ではなく朝日に向かって走る。

やはり午前中は北寄りの風が吹いている。

走り出した直後は指きりグローブでは少し指が冷たいかなと思ったがすぐに温かくなる。


上武大橋までは追い風で快調に飛ばす。
35km/h近いスピードが出ている。
力がついたのではと錯覚してしまう。

しかし、案の定上武大橋を渡り伊勢崎市内方面に向くとガクッとスピードは落ちてしまう。
それほどの強風でもないのにこんなでは逆に調子悪いのでは。

その後は自ずとLSD。
駒形で桃の木川CRから降り帰宅。


これからはそれほど苦にならず朝練ができそうだ。





今日の自転車走行距離:52.19km
ラベル:ロードバイク
posted by washiro at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

観音山の桜

午後遅くなってから漕ぎ出す。
やや風があるので観音山にする。

うす曇のような感じだが、やはり花粉が心配。


大手前通りには露天商が出ている。
「群馬音楽センター」の北側の「もてなし広場」では何かお花見のイベントでもやっているのだろうか大勢人が集まっている。

高崎市内を抜け県道藤木高崎線に入ると乗附緑地の南側に今日最初の桜並木。

090405kannonyama 001b.jpg

ほぼ満開。

県道を左折し観音山への登りにかかったところで一休み。
ここのところあまり走っていないので一息入れて再スタート。

登りにかかってからは例によって「声出し呼吸法」。


呼吸法が良いのだか休養十分ということなのか、それほど苦しむことなく「みやま養護学校」の前を通過。

今日は暖かいので「tanpopo」に寄りジェラートを食べることを半ば目的に登ってきた。

090405kannonyama 003b.jpg

靄っている。
こういうのを「花曇り」というのだろうか。

「長坂牧場」は日曜日とあって賑わっている。
ジェラートを買うのに大分待った。
なぜか走っている時には気にならなかった花粉だがtanpopoで待っている間目が痒くてしようがなかった。涙は出るし、久しぶりにtanpopoのジェラートが食べられるので嬉し泣きしているようで・・・。

090405kannonyama 004b.jpg

新米さんが作ったので少し形がイビツ。
まあ、味は変わらん。

半年振りくらいのtanpopoのジェラートはやはり美味い。


ジェラートを買ったり食べたりしている内に気温が下がり寒くなってきてしまう。
ウインドブレーカーを着て下りにかかる。

090405kannonyama 008b.jpg

寺尾まで一気に下る。
ここから再び「白衣大観音」の下まで上り返す。

勿論「声だし呼吸法」で登る。
しかし、以前に比べれば随分と楽に登れるようになっているような気がする。
これも休養十分のせいかトレーニングのためなのか分からない。

090405kannonyama 015b.jpg

「白衣大観音」の周りの桜は6、7分というところか。

090405kannonyama 013b.jpg

観音様も顔が陰になり暗くなってしまった。

ゆっくりしてはいられない。陽が翳ってしまう前に家まで帰らなくては。

090405kannonyama 017b.jpg

090405kannonyama 018b.jpg

090405kannonyama 020b.jpg


なんとか暗くならないうちに帰宅。





今日の自転車走行距離:45.00km
posted by washiro at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

大誤算 ― 3月のまとめ

3月はLSDをみっちりこなせると思っていたのだが大誤算。
花粉症の症状が出るようになってから今年は最悪。外に出るのが恐くなるくらいの状態になってしまった。

医者が「晴れた日には外に出ないで屋内スポーツにして下さいね」と言っていたのは大袈裟ではなかった。

以前は、目が痒くなるのと鼻水、鼻づまりくらいだった。
それが今年は、肌が荒れノドも痛くなる。
果ては、薬のせいもあるのか身体がだるくなり気力も失せてしまうような始末。

最近少し症状が軽くなっているが、このくらいで終了にしてもらいたい。


花粉症なんか過度にキレイ好きで免疫機能がおかしくなった奴がなるものだ。自分はそんなものにはならないと思っていたのも裏切られてしまった。

誰かさんではないが、よくこうも邪魔が入るものだ。


しかし、何とか来月はウォーキングも含めて量を増やしていきたい。




3月の自転車走行距離:205.4km
posted by washiro at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

赤城南面

090330akagi-nanmen 003b.jpg

RC30さんとの待ち合わせ場所の社会体育館に行くと桜が咲き始めていた。
今週末には7、8分くらいになるだろうか。



RC30さんは近場でお昼でも食べるつもりだったようだが、私が赤城神社まで登り赤城南面を走るコースを提案し走り出す。

実は天気が良いと花粉が心配なのだが・・・。


自転車を漕ぐのも久しぶりということもあり、花粉の影響が大したことがないことを祈りながらゆっくりと漕ぐ。

谷川連峰がきれいに見えていて風も穏やか。
榛名山、赤城山の南側の地方では昔から「谷川岳がきれいに見えると強い風が吹かない」と言われていたようである。


090330akagi-nanmen 004b.jpg

鼻毛石の信号まではそれほど苦労せずたどり着く。
しかし、そこを過ぎるとやや勾配がついてくる。
緩斜面とはいえ、運動不足の身体にはジンワリと効いてくる。
「ぐんまフラワーパーク」辺りからは呼吸は荒くなり三夜沢の信号にやっとの思いで到着する。

「空っ風街道」を走ってみたいとも思っていたのだが、赤城神社までは登らず国道353号を東へ進み、その先は適当に走ってなんとか新里駅の近くまで来て見覚えのある風景に気が付く。

090330akagi-nanmen 006b.jpg


RC30さんのリクエストで、新しくできた「スマーク」に寄る。

090330akagi-nanmen 008b.jpg

平日にもかかわらず、ちょうど昼時とあってか、食べる場所はどこもいっぱい。

結局ラーメンになる。


伊勢崎でリボックスに寄りフィジークのアンタレスとアリオネに跨らせてもらう。
アンタレスは確かにパッドの厚みがあり快適そう。アリオネと違い着座位置は限定されそう。




今日の自転車走行距離:70.94km
posted by washiro at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

試乗 ― 2度目

午後、RC30さんとデローザを試乗してきた。

KING3とIDOLに乗らせてもらった。

KING3は高い剛性感は伝わってくるものの、ガチガチ、パサパサとした感じはなく意外に乗り心地が良かった。
装着されていた高級カーボンホイールにチューブラータイヤの組み合わせが乗り心地やコーナリングに大きく影響を与えていると思われるが、それを差し引いても良いバイクだと思わせる。

前回試乗したピナレロのFP7にも迫る良い印象を受けた。
価格からすれば当然か。


IDOLの方はロングライドに良さそう。
装備されていたサドルの性格もあってか、どこにも不快を感じずに長時間のライドを可能にしてくれそう。



家を出るのが遅かった為帰りが夕暮れ近くなってしまい、暖かいと思って短いレーパンと半袖ジャージにレッグウォーマーとアームウォーマーでは寒くなってしまった。

日が落ちると急に気温が下がるので、LSDペースには、短いレーパンと半袖ジャージはまだ少し早かった。




今日の自転車走行距離:29.83km
posted by washiro at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

目先を変えて、大正橋まで

久しぶりに利根川を上流方面へ行ってみる。

090309taisyo 002b.jpg


雲は多目ながら雨が降ることはなさそう。
むしろ花粉の飛散が少ないだろうから好都合だ。



利根川CRは、玉村町五料橋を境にCR両側の環境がガラッと変化する。
両側が開けていて明るい雰囲気の五料橋下流域と両側に樹木が多くなる上流域。

下流域から上流に向けて走ってきて五料橋を渡り右岸CRに移ると突然森の中や竹藪の中に突入するような感じになる。

玉村町を抜けると、一部「せせらぎの湯」から赤城乗馬学校まで間を除き森のような場所や大きな竹薮は見られなくなるが、前橋市内を抜けるまでCR両側には樹木が結構多く見られる。
吉岡町の風力発電のプロペラのところまで行くと、なぜかその先、山は近くなるのに木々は少なくなってしまう。
この辺りから渋川市大正橋までは、五料橋の下流ほどではないが景色がやや開けた感じになる。


そのCRの両側の木々が悪いことをする。
舗装を改修しても数年経つと樹木の根が舗装の下に入り込み道路を横断するような「盛り上がり」をあちこちに作ってしまうのだ。
場所によっては洗濯板のようになってしまっている。

ロードバイクのような細いタイヤは非常に走りずらい。非常に不快だ。

あちこちでこの「盛り上がり」の箇所にマークがしてあるので、近いうちに修復されると思うが。



そんなことが気になりながらも、気温も低くなく快適にLSDペースで走る。
脹脛もやや力の入りずらい感じが残っているが完治といっていいだろう。
ペダリングをする分にはほとんど気にならない。

吉岡町の風力発電のプロペラの辺りから少しペースを上げて大正橋まで行く。
折り返して、やはり前橋市内に入るまで少し早いペースで漕ぐ。

多少早いペースくらいならキープできるようになってきている。
もう少しLSDを続け、春になってヒルクライムや長距離を漕げるようにしたい。

まぁ、あせらず。あせらず。





今日の自転車走行距離:52.98km
posted by washiro at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

試乗

木曜日に、数日振りの晴天だったので、久しぶりに自転車を漕いだら、翌日から花粉症が一気に悪化。

目の痒みや涙、鼻水、鼻づまり、くしゃみ・・・だけではなく身体がダルくなってしまうほどの不調。

午後医者に行くと、今の時期雨の後の晴天の日には外には出ないで室内スポーツにして下さいと言われる。
飲み薬と点鼻スプレー、目薬をもらってくる。
薬の種類はいつもと同じなのだが、飲み薬がジェネリック医薬品に変わって薬代が幾分安くなった。


そんなことで、今日は医者の言うことを聞いて前橋の自転車屋さんまでクルマで行く。


ピナレロのFP3とFP6、FP7に試乗させてもらった。

FP6のサイズが51.5、FP7とFP3が46.5だった。
FP3、FP6、FP7の順番で試乗させてもらう。

FP7とFP3はサイズが自分には小さすぎ、FP6の51.5が、今自分が乗っているバイクに近いポジションがとれた。

一番最初に乗ったFP3は、走り出してすぐに解かる軟らかい乗り心地。ハンドルが小さすぎるせいか、この個体に限ったことなのか、直進安定性が妙に悪かった。

次に乗ったFP6は、フレームがFP3よりしっかりした感じはするのだが、FP3とそれほど大きな差は感じなかった。
同じオンダフォークなのに、こちらは直進安定性に問題なし。
あまり際立った個性を感じさせない、可もなく不可もなくという感じのフレーム。
ロングライドには、こういうフレームが良いのかもしれない。

FP7。
3、6、7と好感度が増してくる。
漕ぎ出した瞬間に、前の二つとは明らかに違うフレームの剛性感が伝わってくる。しかし、決して不快な堅さではない。細かい振動は伝わって来ない。
いつまでも乗っていたいと思わせるフレームだ。

3機種の中では、ダントツの好印象を受けた。
自分に合ったサイズのフレームの物でもう少し長い距離試乗できたらと思った。

しかし、同じ型なのにFP3との差はものすごく大きく感じた。
また、この性能差を出すのにこの価格差になってしまうというのも驚きではある。


FP7は良い。素晴らしい。
欲しい。
高い。



posted by washiro at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

春色

天気予報によれば、今日の晴れ間は貴重になりそう。

脹脛の肉離れのリハビリを兼ねて走っておこう。
午後早めに走り出す。

利根川右岸CRに出て下流方向へ向いて走ると結構東寄りの風が吹いていて速度は落ちてしまう。

090305jyobu-komagata 001b.jpg

ちょっとの間走らずにいたら、辺りの景色全体がなんとなく薄っすらと暖色系の色合いが差し春らしさが加わってきている。

090305jyobu-komagata 003b.jpg

方々で梅も咲いている。


LSDペースで走っているのだが、左の脹脛は力が入らずただブヨブヨしているだけの心許ない感じがする。

肉離れをしたことを忘れ走り出したりするとまだやや張りがある感じなのに、自転車を漕ぐとなぜか力が伝わらずフニャフニャ心許ない。

やはりもう少しウォーキングの時間を増やしたほうがよさそうだ。


写真はないが、利根川右岸CR上武大橋下流部分の舗装が、まだ途中までのようだが、されているのが見えた。


090305jyobu-komagata 004b.jpg

広瀬川沿いの高崎伊勢崎CRの昭和橋にアンダーパスが出来た。
まだ工事中だが通行はできる。
これで一般道を横切る箇所がひとつ減る。


ここ数日は天気がぐずつくようだが、それが過ぎた後一気に春が加速すると良いのだが。





今日の自転車走行距離:52.39km
posted by washiro at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

2月のまとめ

今月は思わぬケガなどあり、冬の間みっちりとやろうと思ったLSDもあまりこなせなかった。

脹脛の肉離れも、もう大丈夫なので来月はまたLSDを再開しよう。
ウォーキングも肉離れのリハビリも兼ねてバドミントンの練習時に体育館でやっている。
これも来月は外に出てやるようにしてみたい。



2月の自転車走行距離:146.2km
posted by washiro at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

試し乗り(試乗ではなく)

脹脛の肉離れの箇所の痛みが、受傷から十日経ち、ほとんど取れたので、自転車を漕いでみた。

昼間は乗れないので朝練になった。


歩くときにはまだ脹脛に突っ張ったような違和感があるのだが、自転車を漕ぐのは全くと言ってよいほど痛みも違和感もない。

少し走ったところで、スキークラブの一泊スキーの集合時間が近いことを思い出し集合場所に行き、ご一行様の出発を見送る。

スキークラブの年一回の一泊スキーも年々参加者が少なくなってしまっているようだ。
今回は私も都合で行けなくなってしまった。


さて、どこへ行ってみるか。

坂東大橋くらいまで往復してみるかとも思ったが、朝からハンドルを取られるような強い風が吹いているし、脹脛のケガのこともあるので近場を回ってみることにする。


夜になっても脹脛に疲れや違和感は感じない。

自転車を漕ぐ分には脹脛の肉離れはもう影響はなさそう。
もっとも、ヒラメ筋を使ってしまうようなペダリングはよくないということは読んだり聞いたりしている。


ということは、バドミントンを続けるためには、やはり、ジョギングやウォーキングをやらないとダメだということだ。

もう何年も、筋トレやジョギング、ウォーキングはやってないなぁ。

早速、ウォーキングから始めてみるか。






今日の自転車走行距離:23.88km
posted by washiro at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

LSDつづく

090209jyobu-komagata 001b.jpg

昨日の強風は止んだが日差しがなく寒い。

周囲の山々も靄の中でところどころ薄っすらと見える程度。

こんな天気の下ではただひたすら走るのみ。
LSDにとっては好都合か。


桃の木川では、高校生だろうか、カヌーの練習をしていた。
寒そう。

090209jyobu-komagata 002b.jpg


ずいぶん日が長くなってきているようだが、どうしても最後はライトを点灯しながらの走行になってしまう。
春の到来が待たれる。




今日の自転車走行距離:52.15km
posted by washiro at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

LSD

090207jyobu-karasugawa 001b.jpg

午前中は会議があり漕げず。

暫く漕いでいないので今日はなんとしても走りたい。
昼飯を食べすぐに漕ぎ出す。


烏川右岸CRから利根川右岸CRを下流へ向かう。
南東寄りの風が弱く吹いている。

周囲山々は靄っていて薄っすらとしか見えていない。
春のような景色だ。



前半はやや向かい風になるのだが、運動強度が上がってしまわないように気をつけながら走る。

後半、いつものコースに加え、井野川CRから「群馬の森」経由で烏川CRのコースを暫く振りに走ってみた。


良い天気の割りに、午後のせいか、どこでもローディの数は多くなかった。



明日はスポーツプログラマーの研修会があり走れない。
天気さえ良ければ会場まで自転車で行っても良いのだが・・・。




今日の自転車走行距離:70.19km
posted by washiro at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

1月のまとめ

今年になってから風邪もひかず、体調も悪くはなく、体力も徐々にではあるが回復しつつあるように思う。

自転車を漕いでいて手ごたえもある。

だが、以前ほぼ毎日のように自転車に乗っていた頃の体力に戻るのにはもう少し時間が掛かりそうだ。

来月は、乗る頻度と走る距離をもう少し伸ばしていけるだろう。

これから花粉症もあまり症状が酷くならないとよいのだが・・・。



1月の自転車走行距離:329.7km
posted by washiro at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

こちらでもサイクリングロードの工事が・・・

午後、LSD。

上武大橋まで行くと、道路の下流側にCRの舗装工事らしい工事中の看板が目に入った。

090128jyobu 002b.jpg

サイクリングロードの案内板で見ると、利根川右岸CRの上武大橋の下流側から新上武大橋の少し下流まで未舗装区間の表示になっている。
右岸から左岸へ上武大橋の歩道橋を渡る前に下流側を見ても未舗装区間がずっと続いているように見える。

この未舗装区間が全部舗装されれば、もっと下流へも行きやすくなる。
工事期間が3月の中旬くらいまでらしいので、暖かくなってこの区間が走れるようになっていたら、ここからさらに先へ行ってみよう。


今日もLSD。
しかし、LSDにしては時間がなく「L」になっていない。
日の短い今の時期、しようがないか。




今日の自転車走行距離:52.95km
posted by washiro at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ということで、LSD

静かな上周囲の山々もよく見えている。

090125jyobu-yoshioka 005b.jpg

午後になってしまったが、きちんとLSDをしてみようと思い走り出す。


静かなようでも、周囲の開けたCRに出ると弱い南東の風が吹いている。
利根川右岸CRを下流へ向かって走るとやや向かい風になる。

しかし、今日は風とも喧嘩せずにしっかりとLSD。
とにかく運動強度を上げてしまわないように。

ローディも沢山見かける。
多少寒くてもこんなに良い天気だと皆さんじっとしてはいられないでしょうね。


090125jyobu-yoshioka 009b.jpg

男体山もよく見えている。


いつものように上武大橋を渡り左岸CRに移って上流へ向かう。

広瀬川CRを走っていると町内幹事長から電話が入り相談があるので今晩会いたいとのこと。
渋川方面へ、時間の許す限り行ってみよう。

090125jyobu-yoshioka 010b.jpg


一本木稲荷下から乗馬学校脇を通り吉岡町の風力発電所のところに出る間は、季節は替わってもいつも気温が周囲よりも確実に数度は低い。
不思議な場所だ。(何が原因なのだろうか)

切る風が急に冷たくなり、思わずスピードを落としてしまう。

090125jyobu-yoshioka 011b.jpg

吉岡町の風力発電所のプロペラはこんな微風にもかかわらずゆっくり回っている。
説明板によると、風力に応じてブレード(直径30m)のピッチを変えているとのこと。

090125jyobu-yoshioka 014b.jpg

「緑地運動公園」のところまで行くと、既に日は沈んでしまっている。
赤城山はかろうじて最後の赤みを留めている。
この時間帯の辺りの色彩の変化を楽しんでいたいのだが、そうはしていられない。

体調さえ許せば大正橋まで行き、久しぶりの100km越えとも思っていたのだが、引き返す。


結局、前橋市内で嫌な夜間走行になってしまった。
暗いライトのためスピードを落とさざるをえない。
ま、今日はLSD.


町内幹事長との約束の時間にはたっぷりと余裕を残して帰って来ることができた。




今日の自転車走行距離:86.46km
posted by washiro at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

やっぱりLSDか?

午前中は地元体育部の用事でつぶれてしまい、午後RC30さんを誘って利根川CRを下流へ向かって走る。

雲は多いが、上武大橋辺りまでは行って来られそう。
御荷鉾山方面の山々はシルエットになって見えている。


昨年の体調不良以来体力の回復がどうも思うようにいかない。
息が上がってしまう。
しばらく一人でじっくりとLSDをやったほうが良さそう。


島村の休憩所で自転車を停めると、一人ローディの方が来られたので声を掛けさせて頂き暫く話をする。
岩倉橋から上武大橋の間を周回しているとの事。
3周から5周するとのこと。
聞くと家も同じ町内のようだ。

もう一人ローディの方が加わる。
ひとしきり4人で自転車談義。

年齢は同じ位に見受けられるが、お二人とも走る距離がすごい。


やはりまずは体力の回復を図らねば。
LSDだ。


午後は雨で走れないかと思ったが、珍しくパンクなどもあったがとにかく走れて良かった。




今日の自転車走行距離:40.87km
posted by washiro at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ロードバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする